日本最大級の汽水湖・浜名湖に浮かぶ「いかり瀬」。
『いかり瀬』は浜名湖に残されたリアル自然フィールドです。
この大きな中洲干潟は、江戸時代には『くじら瀬』と呼ばれており太平洋と繋がる汽水域にその姿があります。
赤い大きな鳥居がある弁天島は人気観光地として有名ですが、船でしか行けないその奥の『いかり瀬』フィールドは、海浜植物と海の生き物の楽園。大きさは東京ドーム約3個分.
遠浅の干潟である為に、干満差によって7ha〜60haと変幻自在に姿を変え、毎日に見ていても飽きる事がありません。
私のシーカヤック日本一周の出発地でもあります。

水辺では様々な海の生き物を、陸上では普段に見れない海浜植物を観察する事ができます。
無人島の周りは透明度の高い綺麗な海。 気持ちよく水面に浮かび、楽しい時間を過ごそう!
自然の中では経験豊富なガイドにお任せ下さい。